ウィーンでのオペラ鑑賞を楽しむための服装

世界的に有名なウィーン国立オペラ座へ行こう

オペラ鑑賞をするにあたって、ウィーンへ訪れた方はウィーン国立オペラ座での鑑賞に憧れを抱くことかと思います。日本ではあまり馴染みのないオペラ鑑賞をするにあたってのポイントを述べたいと思います。まず最初に重要なのが服装です。どういう服装で鑑賞するかは、購入した演目や座席よって大きく左右されます。鑑賞する演目が初公演の場合は、よりかしこまった服装をする必要があります。また、高いチケットの座席であればあるほどドレスコードで訪れている傾向が高くなります。立ち見席や上段のボックス席ではワンピース姿の女性や、ネクタイをしていない男性も多くみられる為それ程気にかける必要はないでしょう。また休憩時間には、ワインやちょっとした軽食を楽しむ姿も見られます。

フォルクスオーパーでの鑑賞を楽しむコツ

次にフォルクスオーパーでの鑑賞を楽しむコツをお伝えします。フォルクスオーパーではオペレッタが上演されています。オペラよりもカジュアルな服装で上演されています。訪れる人もウィーン国立オペラ座と比べるとかなりカジュアルな服装で、ワンピースを着てドレスコードをしている方もいるものの、普段着で気軽に訪れている方も多く見受けられます。ここでも、ドリンクと軽食を休憩時間や上演前に楽しむことが可能ですが、席が少数しかないため、道路で立って楽しむ方も多くいます。どちらもウィーンの文化を楽しむとっておきの場所ではありますが、それぞれの場所に見合った服装や振る舞いを心がけ楽しむことが観光客のマナーであると考えられます。